潜在能力を引き出す方法

人生がうまくいかない本当の理由とは?



それは悪性の風邪のように流行しています。

大勢の人を侵し、彼らの潜在能力を限定しています。

さて、「それ」とは何でしょう?

「人はみな素晴らしい人生を送る権利がある」という思い込みです。



なぜ、その思い込みは間違っているのでしょうか?

それは、自分が何もしなくても、きっと誰かが自分を幸せにしてくれるという信念が、その根底にあるからです。

人生とはそういうものではありません。

「よりよい人生を望んでいる人」と「よりよい人生を手に入れている人」との間には決定的な違いがあります。



成功をおさめ、人々から尊敬され、素晴らしい人生を送りたいなら、自分の全てに100%の責任を持つ必要があります。

うまくいかないことがあると、ほとんどの人は親や先生、友人、上司、景気のせいにします。

そして多くの場合、人々は自分が責任転嫁していることに気づきません。

本当は、問題の根源を直視するの怖いだけなのです。


では、問題の根源は何でしょうか?・・・・・それは自分自身です。


確かに私たちは様々な問題を抱えています。

しかし、自分の人生に責任を持つということは、それを他の人々や物のせいにせず、自分の思考と行動をコントロールし、状況を改善するためにできることをするということです。


人生の問題は多種多様ですが、私たちはそれを解決するために常に何かをすることができます。

解決策を探す前に、まずそれを確信することが重要です。


人生の質は、その人の思考・行動・信念に左右されます。

この3つは、私たち一人ひとりが支配しているものです。

成功するかどうかは自分次第なのです。



●抱えている問題を直視する


日が暮れて、あたりがすっかり暗くなりました。

男が自分に膝をついて街灯の下で探し物をしていました。

通りがかりの女が「こんな所で何をしているのですか?」と尋ねると、男は「鍵を無くしたので探しています。」と答えました。

そこで、女は手伝うことにしました。

1時間ほどして女はすっかり困惑し、「くまなく探しましたが、どこにも見つかりません。本当にこのあたりでなくしたのですか?」と尋ねました。

すると男はこう答えたのです。

「いや、本当は家の中でなくしたのですが、街灯の下のほうが明るくて探しやすいので、ここで探しているのです。」



この寓話と同様、私たちも自分の抱えている問題を直視するのを避けて、他の人や物の中に問題の根源を探し求めます。

自分という本当の原因を究明するよりも、そのほうが簡単だからです。


問題の根源は自分であり、私たちはその事実を直視しなければなりません。

なぜなら、それを直視しないうちは何も変わることはできないからです。

どんなにつらくても、その事実を見据える必要があります。

もちろん、誰でも状況が好転してほしいと思っていますが、現実を直視するのを拒んでいるかぎり、状況は好転しません。

何かを変える必要があるということを認識して、初めて変化が訪れるのです。



あなたは自分の人生に満足しているかもしれません。

たしかにそれは素晴らしいことですが、どの成功者も常に改善の余地があると考えています。

人生で成功をおさめて、欲しいものを手に入れるための第一歩は、自分の人生に100%責任を持つことです。

それをしないかぎり、人生で欲しいものは手に入りません。


【成功する秘訣】


「人や物のせいにしない。」

「不平を言わない。」



●「わかっている」と「実行する」の違い


自分の人生に責任を持つということは、自ら率先して行動し、間違いを犯したら、それを認めるというだけではありません。

それは、言い訳をしないということでもあるのです。


言い訳をしている限り、いい結果を出すことはなかなかできません。

言い訳をすることは、言うなれば、飛行機の脱出ボタンを押すようなものです。

ボタンを押した瞬間、あなたは軌道をはずれ、成功の機会を逸することになります。


確かに、言い訳をすれば、うまくいっていないことを正当化できるかもしれません。

しかし、いったん、それをしてしまうと、自分のやり方を反省して改善につながることができなくなります。


真の成功者は、どんなに立派な言い訳をしても何の役にも立たないことを知っています。

たとえ言い訳が真実であっても、関係ありません。

典型的な言い訳は「忙しくて時間がない」です。

言い訳をすると、自分の進歩がますます遅くなるだけです。

言い訳をして得をすることはありません。



では、どうすればいいのでしょうか?

まず、「自分は、状況を改善して目標を達成する力を持っている」と確信することです。

人はさまざまな理由で言い訳をしますが、どんな理由も重要ではりません。

重要なのは、自分の行動に責任を持つことです。


多くの人は「自分の行動に責任を持て」と言われると「わかっている」と言います。

しかし、「わかっている」と「実行する」は違います。

本当にわかっているなら、それを実行しなければなりません。



●どんな逆境も一発で乗り越える方法。



状況を変えるのではなく、それに対する自分の反応を変える

「状況+反応=結果」だ。

要するに、成功であれ失敗であれ、幸せであれ不幸であれ、私たちが人生で経験する結果はすべて、状況に対する自分の反応の結果だ。

雨が降ってきたとしよう。

それを「うっとおしい」と思うか「うるおう」と思うかで、結果が違ってくる。

だから、もし結果が気に入らないなら、2つの選択肢がある。



★選択肢1:いい結果が出ないことを状況のせいにする

言い換えれば、他の人や物のせいにする、ということだ。

しかし、それが何の役に立つのだろう?

マイケル・ジョーダンは高校時代にバスケットボールのチームに入れなかった状況を克服し、やがて頭角を現してプロの世界で大活躍した。

ヘレン・ケラーは三重苦という状況を乗り越え、社会福祉に尽力して世界中の人々を勇気づけた。

ビル・ゲイツは大学を中退し、資本金がほとんどない状況から出発し、マイクロソフトを立ち上げた。

多くの人が厳しい状況を乗り越えて成功をおさめている。

私たちを限定しているのは、状況ではなく、自分のネガティブな思考と行動なのだ。



★選択肢2:状況に対する自分の反応を変える

これこそ、機会、自由、財産を手に入れる選択肢だ。

どんな状況でも私たちは自分の思考と行動を変えることができる。(絶対に。)

そして、それがあなたのプラスになるのだ。


残念ながら、多くの人は長年の習慣にとらわれて、よく考えずに反応している。

でも、反応の仕方は変えることができる。

すぐにはできないかもしれないが、自分のネガティブな思考と行動に意識を向ければ、できるようになる。


最終的に、決定的要因となるのは、状況ではなく、それに対する私たちの反応だ。


つまり、あなたが人生で経験することは、内面的にも外面的にも、状況に対する自分の反応の結果だということを覚えておこう。

さて、あなたなら、どうしますか?









  • 最終更新:2011-12-11 08:48:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード