成功哲学

成功哲学●成功する方法(1)


目標が明確になってはじめて、実現に至る道筋が見えてくる

人は誰でも「夢」を持っている。

でも、必ずしも多くの人が、その望みをかなえているわけではない。

なぜ、あなたの「望み」は実現しないのか?

それは、あなたの「夢」が「目標」になっていないからだ。

「夢」と「目標」の違い。

それは思い描くゴールが明確になっているかどうかだ。

何を実現したいのか。

どのような自分になりたいのか。

ゴールがはっきりしないようでは、たどり着けるはずもない。

たとえば、将来プロ野球選手になりたいと思っている二人の少年がいたとする。

一人は漠然とした「夢」にすぎず、一人は明確な「目標」としている。

単なる「夢」にすぎない少年は気が向いときに好きなだけ練習する。

しかし、「目標」としている少年は違う。

本当にプロ野球選手になるのだと思えば、まず遊ぶ時間を削る覚悟が必要になる。

自分には何が足りず、いま何をしなければならないかが明らかになるだろう。

単なる「夢」をより具体的な「目標」に変えれば、実現のためにやらなくてはならないことが見えてくる。

それらが明確になってこそ、実現に向けて為すべき行動がはっきりとし、そして成功(目標)に向かって着実に進むことができるのだ。

これが「成功の原点」だ。

もし、あなたが成功したいと考えているなら、まずは「目標」をできるだけ、はっきりさせること。

どれだけ詳細に自分が目指す成功像を描くことができるかどうかが、実現のポイントとなる。



成功哲学●成功する方法(2)


自分にないものは他から調達する

成功者と呼ばれる人たちはみな、成功するに足るだけの豊かな素養と優れた能力を兼ね備えている。

だが、たとえどれほど優秀な人であったとしても、一人の人間の能力には自ずと限界がある。

自分にはない知識や知恵や経験をどのように取り入れ、どうしたら活用することができるか。

そのために、成功者の多くは優秀なブレイン(パートナー)を有し、目的推進のために確保している。

それは彼らが己の足りない部分を自覚し、また、いかに補うかに腐心した結果でもある。

その「気づき」こそが、彼らを成功者たらしめた豊かな素養であり、優れた能力だと言うことができる。

ビジネスの世界では「1+1」が5にも10にもなることがある。

たとえば営業力は優秀だが、企画力がないAさんと、逆に企画力はあるけれど、営業力に乏しいBさんがいたとする。

それぞれが己の欠点を補うことはもちろん大切なことだが、その過程においてはお互いが相手のノウハウを活用することができれば、両者ともそのポテンシャルは飛躍的に向上するはずだ。

しかし、単に協力者を探せばいいというものではない。

肝心なのは、表面的な協力ではなく、同じ目標に向かうという共通認識に基づいたアドバイスであり、フォローなのだ。

ともに影響を与えながら成長していく関係でなければならない。

ブレイン(パートナー)が効力を発揮するポイントは、お互いが自立している存在であるかどうかだ。

複数の頭脳による調和のとれた協力関係が構築できたなら、個々の能力を超える大きなエネルギーを生み出すことができる。

全てを一人でこなそうとすれば、自分の器の大きさに合った成功しかつかむことができない。

だが、自分にはない能力を活用できるのなら、成功のスケールは際限なく広がっていく。

知識がなければ補うスタッフを確保すればいい。

経験がなければ補うスタッフを確保すればいい。

成功に学歴や年齢は何の障害にもならない。



成功哲学●成功する方法(3)


目標が明確になってはじめて、実現に至る道筋が見えてくる

人は誰でも「夢」を持っている。

でも、必ずしも多くの人が、その望みをかなえているわけではない。

なぜ、あなたの「望み」は実現しないのか?

それは、あなたの「夢」が「目標」になっていないからだ。

「夢」と「目標」の違い。

それは思い描くゴールが明確になっているかどうかだ。

何を実現したいのか。

どのような自分になりたいのか。

ゴールがはっきりしないようでは、たどり着けるはずもない。

たとえば、将来プロ野球選手になりたいと思っている二人の少年がいたとする。

一人は漠然とした「夢」にすぎず、一人は明確な「目標」としている。

単なる「夢」にすぎない少年は気が向いときに好きなだけ練習する。

しかし、「目標」としている少年は違う。

本当にプロ野球選手になるのだと思えば、まず遊ぶ時間を削る覚悟が必要になる。

自分には何が足りず、いま何をしなければならないかが明らかになるだろう。

単なる「夢」をより具体的な「目標」に変えれば、実現のためにやらなくてはならないことが見えてくる。

それらが明確になってこそ、実現に向けて為すべき行動がはっきりとし、そして成功(目標)に向かって着実に進むことができるのだ。

これが「成功の原点」だ。

もし、あなたが成功したいと考えているなら、まずは「目標」をできるだけ、はっきりさせること。

どれだけ詳細に自分が目指す成功像を描くことができるかどうかが、実現のポイントとなる。



成功する方法(4)


どこで他人に差をつけるかを考える。

ビジネスパーソンには3つのタイプがある。
報酬に見合った仕事をする人、報酬以下の仕事しかしない人、そして報酬以上の仕事をする人。
どのタイプが出世するか、満足度が高いかは言わずもがなだろう。

報酬以上の仕事をする人間はどこの会社でも求められ、より高度な仕事をこなす地位が与えられる。
昇進や昇給といった物質的な充足のみならず、達成感や充実感といった精神的な充足を得ることができる。
つまり、当初に約束された以上のものを手にすることになるのだ。

報酬に見合った、求められるぶんだけ仕事をする人と、そこにたとえわずかでもプラスアルファを加えようと心がける人。
そのほんの小さな差が普通の人と特別な人に二人を分ける。
特別な人は普通の人に比べて、新たな人脈を獲得したり、将来につながるような大きなチャンスに巡り合えたりする確率が飛躍的に高くなる。

「商いの神様」と呼ばれた松下幸之助に「無理に売るな。客の好むものを売るな。客のためになるものを売れ」という言葉がある。
客の要望に応えるサービスでは通常の商売。
客が期待した以上のサービスをすることが商いの極意という意味だろう。
顧客満足では不十分。
満足を超え、感動させるには、そこにプラスアルファがなければならない。

ほんの小さなプラスアルファを加えることで相手が受ける心象に大きなインパクトを与えることがある。
たとえばそれは笑顔かもしれないし、たとえばそれはさり気ないひと言かもしれない。
ポイントは「見返りを期待しない」奉仕の心だ。

「見返りを期待しない」のなら、やるだけムダだなどと考えてはいけない。
自分がしたことは結局は自分に返ってくる。
人に冷たくすればいつかは自分が冷たくされる。
自分がして欲しいと思うことは、まず相手にしてあげることだ。
仲良くなりたいなら、まず微笑みかける。
親切にしてほしいと思うのなら、まず助けてあげる。
相手の立場で考えてみよう。
自分はどういう人間と付き合いたいか、どういう人間と仕事をしたいか。
まずはそういう人間に自分がなるように心がけることだ。

今日から2週間、見返りを期待せず、周囲に気づかれないように周囲の人に喜んでもらえるプラスアルファを実践してみてほしい。
あなたを取り巻く環境に何らかの変化が起きるはずだ。
そして、それはあなたにとって決してマイナスにものではないだろう。

「なんとか暮らしてゆける程度の仕事しかしない人は、それ以上のものを得ることはできない。」



成功する方法(5)



「必ずできる」と心の底から信じ、行動すれば、現実のものとなる。

信念を持続させるノウハウを身につける。

人間は、自分が思い描いたとおりの人間になる。
現在の姿は、自分が「なりたい」、もしくは「なってもいい」と思った姿に他ならない。

今、何をするべきか。
生きていくうえで、人は常に選択を迫られている。
食事をしょうか、テレビを観ようか、勉強しようか、ひと眠りしようか・・・・・・。
それこそ数えきれない選択肢の中からあ行動をひとつ選び、実行を重ねながら生きていく。
現在の自分の姿は、望むと望まざるとにかかわらず、その積み重ねの結果である。

もし、今の自分を変え、本当に成功したいと願うのなら、これからは目標達成のための行動を選択しなければならない。

「~になりたい」「~になればいい」と心の底から願うこと自体はそう難しいことではない。
なりたい自分になるために、一時、本を開いて勉強するという行動の選択はそれほど困難ではない。
難しいのは、その選択を長期間続けることだ。
目標達成のための選択を続けるという、信念を持続させることが困難なのだ。

では、揺るぎない信念を持ち続けるにはどうしたらいいだろうか。
自分自身に「必ずできる」と思いこませるという方法がある。
「自分はできる。必ずできる」と自分に言い聞かせ、潜在意識に刷り込んでいくのだ。

通常、行動を支配しているのは顕在意識だ。
行動の選択・決定は、頭に浮かんでくる顕在意識によってなされる。
一方、潜在意識は、心の奥底に潜み、普段は自分でも気づいていない。

物が飛んできたら身体が勝手に反応するように、潜在意識にあるものは、自然に行動とつながる。
同じように信念を潜在意識まで到達させることができれば、あれこれ思い悩むこともなく、目標実現に向かってまっすぐに進んでいくはずだ。

心の底から信じ、行動を続けていると、少しずつ道が開けてくる。
すべては「必ずできる」という信念を持ち、マイナス思考を打ち消して行動することから始まる。

心の底から「自分はできる」と思いこませるのはそう容易ではないが、何度も実際に声に出す、繰り返しノートに書き写すなど深層自己説得を行うのが効果的だ。
頭の中に成功イメージをありありと思い描けるまでになったら、信念の持続や行動の選択もそう難しいものではなくなるはずだ。




成功する方法(6)


魅力あふれる人間は人を引き付け、仕事を引き付け、成功を引き付ける

人間力が勝敗を分ける。

卓越した経営手腕で、日産自動車の改革を成功させたカルロス・ゴーン。

「リバイバルプラン」策定にあたり彼がまっさきに着手したのは、熱心に現場に足を運んで社員の生の声を聞くことだった。

それが信頼や期待につながり、社員のやる気や活力を生み出した。

改革成功の陰に、彼のパーソナリティが果たした影響は決して小さくない。


組織のトップに立つには、様々な要件が求められる。

能力はもちろん、優れた人格もそのひとつだろう。

能力だけで成りあがった人は長続きしない場合が多い。

人望がないと、隙あらばすぐにその座からひきずりおろされる。

長らくトップに位置する人は、人間的魅力にあふれている人物が多い。


あなたはどういう人のもとで仕事がしたいと思うだろうか。

誰もが魅力的で尊敬できる人のもとで仕事がしたいと思うのではないだろうか。

もし人の上に立つ仕事がしたいのならば、まず自分がそのような人間になる必要がある。



成功する哲学(7)


問題を先送りしていては永遠に解決することは一つもない

やるべきときは「いま」しかない。

パーソナルイニシアティブとは、いわば「やってみよう」という自発的な欲求に基づく行動力を指す。

覚えておいてほしいのは、行動しなければ、決して自分の欲するものを手にすることはできないということだ。

ある日突然幸運が舞い込んでくるなど、そうあるものではない。

ただまわりに流されて待っているだけでは、夢を実現させ成功を手にするのは不可能である。

欲しいものがあるなら、まず行動することだ。


行動が遅くなりがちな人には、概して2つのタイプがある。

まず、何かをしようという意欲に欠けている人。

これは論外である。

目標を見つけるところから始めなければならない。


もうひとつのタイプが行動する前の手順にやたらと時間をかける人。

失敗を恐れるあまり結果についてあれこれ思いを巡らせたり、まわりの人から意見を聞き、情報を集めてから行動の是非を判断をしようとする。

良く言えば慎重なタイプだ。

慎重であることは大切なことだ。

確かに行動前にリスクを予測し、あらかじめ適切な対応を準備することは非常に重要な作業だ。

けれども、だからといって完全にリスクを消し去ることは不可能だと知る必要がある。

リスクを恐れていては、いつまでたっても前へ進めない。


行動してこそ求めるものが得られる。

「何も変えないことが最も悪いことだと思って欲しい」。

トヨタ自動車社長就任の際、奥田氏はそう語った。

企業にとって、何も変えず新たな行動を起こさないことは、停滞どころか後退を意味する。


リスク回避の努力や慎重さを何ら否定するものではない。

しかし、慎重さと決断力のなさは常に隣あわせの関係にある。

決断力のなさを慎重という衣で覆い隠し、もう少し情報を集めてから、あと少し環境が整ってからと行動を遅らせていては、時期を逸しかねない。

状況や環境に主導権を渡さず、自己責任を恐れずに自らの意思と敢然と決断を下さなければならない。


「最適なとき」などいつまでたってもこない。

「やらなければならない」と思ったときこそが「最適なとき」なのだ。


慎重派と行動派のどちらが正しい姿勢かと問うのはナンセンスだろう。

ただ、これだけは断言できる。

行動しなければ、あなたが求めているものは決して得られないと。












  • 最終更新:2011-11-03 09:36:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード